ひらと眼科

土日・祝診療

電話番号

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00(木曜休診)
※受付終了時間は、診療時間30分前まで(コンタクト処方の方は1時間前まで)

診察内容

眼瞼けいれん

まぶたを開閉させる筋肉が、勝手にけいれんをおこす眼の病気が眼瞼けいれんです。

下まぶたがピクピクと動くのは、単なる疲労などが原因のミオキミアという状態で、眼瞼けいれんにはつながりません。眼瞼けいれんの初期症状は、まぶしさを感じたりまぶたの動きがぎこちない程度ですが、症状が進行すると上まぶたが強くけいれんしてきます。更に悪化するとまぶたが開かなくなります。症状は、両目に現れます。眼瞼けいれんは、40代~70代の年齢で発症することが多い病気で、特に女性に多くみられます。

片眼だけに発症して、顔面の筋肉のけいれんを伴うようになるのは、片側顔面けいれんという病気で、脳幹から出る顔面神経が何らかの理由で圧迫されることが原因です。脳神経外科で診断を受ける必要があります。

眼瞼けいれんの根本的な原因は、大脳の機能障害や他の眼病からの刺激、抗うつ剤の副作用など、様々な推測がなされていますが未だに解明されていません。そのため、根本的な治療方法は確立されておらず、ボトックス注射で一時的に症状を抑えることが、現在出来得る限りの治療法です。ボトックス注射は、ボツリヌス菌が持つ神経毒を応用してけいれんする筋肉を麻痺させる注射です。神経毒といっても、人体に害がない適正量を局所に注射するので、中毒の心配はありません。注射後、数日で症状はおさまりますが、効果は3~4ヶ月ほどで弱まるため定期的に注射を打つ必要があります。

眼瞼けいれんは、重症化すると交通事故や転倒を招く危険性があります。そのため、まぶたがけいれんするなどの症状に気付いた際は、専門機関の眼科医に診断をしてもらいましょう。また、ボトックス注射は、定期的に注射しなければならないので、治療の精度を上げるためにもかかりつけの眼科で治療をするといいでしょう。

お気軽にお問い合わせください診療時間 / 10:00〜12:30 /15:00〜19:00 (木曜休診)

電話番号044-982-9007
アクセス
お問い合わせ

診療内容一覧へ戻る