ひらと眼科

土日・祝診療

電話番号

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00(木曜休診)
※受付終了時間は、診療時間30分前まで(コンタクト処方の方は1時間前まで)

診察内容

症状から検索

目やにがでる

目やにとは、目から出る分泌物や老廃物が固まったものです。目やにには、炎症で出来るものと新陳代謝で出来るものの2種類があります。「目やにが大量に出る」、もしくは「普段の目やにとは異なる色をしている」場合、炎症が原因の可能性が高いです。眼科医の診断のもと適切な対処が必要な眼の病気かもしれません。

目やにが大量に出て、目が真っ赤になり、異物感などが常にあるようであれば、それは「はやり目」といわれるウイルス性結膜炎かもしれません。他人に伝染しやすいので、タオルなどを誰かと共同で使用することを避けれなければ、感染がまわりの人にひろがってしまいます。 治療方法は眼科で処方される炎症や細菌などによる二次感染を抑える目薬を点眼します。

黄色い膿のような目やにが出る場合は、細菌性結膜炎の可能性があります。細菌が原因かもしれません。その場合、目にかゆみや赤みが出るなどの症状が確認できます。眼科に行けば、抗生物質が入った点眼薬を処方してもらえます。それを使えば数日で快方に向かうでしょう。

白い糸を引くような目やにが出る時は、アレルギー性結膜炎の可能性があります。原因はハウスダストによるものと、花粉などの季節性のものに分けられます。アレルギーの原因は医療機関で調べることができるので眼科で一度診てもらうといいかもしれません。。

普段と違う目やにが出る場合は、個人で判断せず、専門医療機関で正しい治療を受けるようにしましょう。

考えられる病名

目が赤い

「目が赤い」とはまさに目が充血し、赤みを帯びている状態です。眼球の表面を覆っている結膜に対して、外部から刺激・病気・目の酷使などを受け、それが原因になり炎症などの症状を引き起こします。目が赤いだけ、と判断せず、気になる場合は眼科で診察を受けるようにしましょう。

目が赤くなる原因として主に言われているのが「結膜炎」「角膜炎」「ドライアイ」などです。それぞれ眼病への対処方法が異なるため、適切な治療が重要です。

外部からの刺激としてコンタクトレンズや紫外線が挙げられます。コンタクトレンズは使用上の注意点を守らなければ眼の病気の原因にもなるので、用法はしっかりと守りましょう。また、外出時に多量の紫外線を浴びることも目には良くありません。対処法としては、帽子や日傘、サングラスなどの着用を心がけることで目への影響を抑えることが可能です。

そして、目の酷使も赤みの症状を引き起こします。要因は多々ありますが、寝不足やディスプレイの見過ぎはよく知られているかもしれません。目の酷使は生活習慣を少し変えるだけで、症状を軽減させることができるケースもあります。例えば、パソコンなどのディスプレイを見る時は画面の発光量を減らして、こまめに休憩を取るといいでしょう。

目が赤くなる症状は予防によって軽減させることが可能です。しかし、対処は適切な方法をとらなければいけません。眼科で診療を受けて、治療するのが最も信頼性が高いです。

考えられる病名

目の外傷

目の外傷とは、異物の混入や物理的な衝撃などによって目に傷ができることです。目の外傷は大きく、目に異物が入る/眼球に衝撃を受ける/眼球に傷がつく、の三種類に分類できます。目の傷や状態によって対処方法が異なるので、早急に眼科で診断を受けましょう。

目に異物が入った時は素早く目を洗い、異物を洗い流しましょう。花粉でも目に痛みを生じさせることがありますが、目を洗うことで異物を取り除くことができます。それでも痛みが取れない場合は、眼科で診てもらうといいでしょう。

目の周辺にボールなどによる物理的な衝撃を受けると、目の中で出血が起きたり、網膜剥離になる可能性があります。視力の低下があったり浮遊物が見えたら速やかに眼科を受診して下さい。
また、眼球に傷がついた際も、すぐに眼科へ行きましょう。目の裂傷には手術が必要な場合もあるので、医師の診断のもと適切な治療を受けましょう。

たいしたことではない、軽傷だろうと思い込むことが一番危険です。実は予想以上に深刻なケガだったというパターンは目の外傷にはよくあることです。急激な視力低下や視野の狭まり、及び吐き気や頭痛を感じたら速やかに眼科に行って医師の診断と治療を受けて下さい。

考えられる病名

黒目が白い

黒目が白くなるという症状は「角膜混濁」と「白内障」が考えられます。いずれも医師の診断と治療の必要がある眼病です。

炎症や感染症が原因となり、角膜に濁りが生じることを角膜混濁といいます。角膜混濁が起きると視界が曇り、視力の低下を引き起こします。初期の段階では点眼治療を行いますが、症状が進行してしまっている場合は手術の可能性もあります。

目の中の水晶体が濁り、視力低下や視界不良などの症状を引き起こすのが白内障です。主な原因は加齢であり、45歳を超えると発症しやすくなります。白内障は個人によって進行速度が異なり、初期の段階では点眼薬を使用することで進行を遅らせます。もし病状が進行してしまっていたとしても、白内障は手術で治療が可能です。しかし、早期発見で対処できるに越したことはありません。定期的に眼科で検診を受けることで早期発見に繋がるでしょう。白内障が非常に進行すると、緑内障発作などの恐ろしい合併症がおこることがあります。

角膜混濁も白内障も個人がどうにかできる眼の病気ではありません。黒目が白くなる・視野が濁って見えるなどの気になる症状が出たら、速やかに眼科を受診して適切な治療を受けて下さい。

考えられる病名

目が腫れている

「目が腫れている」という症状の原因として「ものもらい」「アレルギー性結膜炎」があります。

「ものもらい」は麦粒腫とも呼ばれ、黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌などが原因となり、細菌感染によりまぶたが腫れ上がる病気です。また、目が赤く腫れて、痛みを伴うこともあります。治療方法としては、抗生物質入りの目薬や塗り薬を使用します。5日も経てば目の腫れも良くなってきます。気になる症状が出たら、我慢せず眼科で診断してもらいましょう。

「アレルギー性結膜炎」は季節性と通年性に分かれます。季節性の場合は、花粉が原因のため外出時にメガネをかけるなどの対策を行うだけでも、花粉の影響を軽減することができます。通年性は、ハウスダスト、ダニが原因のことが多いです。部屋をこまめに掃除して、ホコリがたまらないように心がけることで、症状の緩和に繋がる場合もあります。正確な原因を知りたいなら、眼科の検査を受けるといいでしょう。治療は抗アレルギー剤の点眼を行います。

その他で目の腫れの原因として挙げられるのが、外的要因によるものです。例えば、眼球を損傷してしまうと、まぶたも眼球も腫れてくるため、速やかに眼科で適切な診断と治療を受けて下さい。

考えられる病名

病名

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

考えられる病名

目が痛い

「目が痛い」という症状は、大まかに「目の中に異物感がある」「目の中がゴロゴロする」「目の奥の方が痛い」「眼の表面が痛くて涙が出る」といった4種類に分けることができます。

「目の中に異物感がある」のは、角膜・結膜異物が考えられます。これは目に異物が入っている状態で、すぐに取り除かなければいけません。目を洗いで取れないようであれば、眼科で取り除いてもらいましょう。

「目の中がゴロゴロする」と感じるようであれば、それはドライアイや結膜炎かもしれません。ディスプレイの見過ぎで瞬きが減り、目が乾燥している状態が慢性化するとドライアイになります。またコンタクトレンズを間違った方法で使用し続けると衛生状態が悪くなり、結膜炎を発症することもあります。また、年齢とともに涙の分泌は減っていきドライアイをおこしやすくなります。

「目の奥の方が痛い」という症状は眼精疲労が原因と考えられます。目の酷使が続き、充分な休養をとらないでいると眼精疲労になる可能性が高まります。症状の緩和の早道としては、適度な休養を取ることです。それでも症状が快方に向かわなければ眼科医に相談してみましょう。

「目の表面が痛くて涙が出る」場合は、ヘルペスウイルスによる角膜ヘルペスの疑いがあります。角膜ヘルペスの「上皮型」は抗ウイルス薬を使用し、1ヶ月程度で治療することができます。「実質型」の治療には抗ウイルス剤とステロイドを使用しますが、治療に数ヶ月かかることもあります。どちらの場合でも医師の正確な診断が必要です。

考えられる病名

目がかゆい

「目がかゆい」という症状を引き起こす主な原因は「アレルギー性結膜炎」と「感染性結膜炎」です。ですが、「ドライアイ」や「ものもらい」が原因となるケースもあります。

花粉などのアレルギーが原因となる「アレルギー性結膜炎」は、抗アレルギー点眼薬の使用、もしくは内服薬を服用することで治療を行います。アレルギー性結膜炎の場合は対症療法よりも予防が重要になってきます。自分の症状と原因に合った予防策をほどこす、生活習慣を考えることが抜本的な治療に繋がります。

ウイルス感染が原因となる「感染性結膜炎」は、炎症を抑える点眼薬を使って治療を進めていきます。ただし「感染性結膜炎」には「ウイルス性結膜炎」と「細菌性結膜炎」があり、この2つは治療方法が異なるので医師の診断を受けましょう。

目の乾燥が原因の「ドライアイ」や、細菌感染が原因で起こる「ものもらい」がその他の症状として挙げられます。いずれの場合も眼科医の適切な診断と治療が重要です。

考えられる病名

目がかすむ

「目がかすむ」原因として「屈折異常」「老視」「白内障」「緑内障」の初期症状、もしくは「眼精疲労」「ドライアイ」が挙げられます。それぞれが違う病気なので、治療には医師の適切な診断が必要です。

近視・遠視・乱視の総称である「屈折異常」は、光の焦点がうまく合わなくなった状態です。どの症状でもメガネやコンタクトレンズを使用して矯正するのが一般的な方法です。

「老視」の初期症状で起こる目のかすみは、目の中の水晶体の弾力が低下して、ピントの調節機能が衰えていくことが原因です。医師のもとで自分に合った老眼鏡を処方してもらいましょう。

「白内障」及び「緑内障」の進行過程で、目がかすむという症状が出てくることがあります。目がかすむだけでなく、視力低下や視界不良といった症状は「白内障」の初期症状です。また、気づかない内に視野が狭くなっていくのが「緑内障」の症状です。いずれも早期段階での治療が重要になる目の病気です。

「眼精疲労」による目のかすみは、頭痛や肩こりを併発することがあります。眼精疲労の原因は、眼の疾患・身体・環境など様々な要因が挙げられます。眼精疲労を治療するには、生活習慣の改善、それでも症状が良くならなければ眼科で診断してもらうといいでしょう。

「ドライアイ」を発症しても目がかすんでいると感じることがあります。原因として、ディスプレイを長時間見過ぎること・部屋の乾燥・長時間の運転などがあります。医師による診断を元に生活習慣を改善することで治療することが可能です。また、年齢とともに涙の分泌は減っていきドライアイをおこしやすくなります。点眼治療が必要です。

考えられる病名

まばたきが多い

「まばたきが多い」という症状は「ドライアイ」「眼精疲労」「眼瞼けいれん」「子供のチック症」が原因と考えられています。原因がなんであっても、自分で判断するのは危険です。気になる場合は、眼科を受診し、眼科医に診察してもらいましょう。

目が乾燥している状態を「ドライアイ」といい、まばたきの回数が増加するという特徴があります。ディスプレイを長時間見ている・部屋の乾燥・長距離運転などが発症の要因とされています。医師の適切な診断のもと、生活習慣を改善と治療をすることで症状は快方に向かいます。

「眼精疲労」が原因の場合、まばたきが多くなるだけでなく頭痛・目のかすみ・肩こりなども併発することがあります。目の病気以外にも身体的な要因や環境的な要因が作用していることもあります。その中で、生活習慣を見直すだけで症状が改善した、というケースもあります。しかし、症状が一向に良くならないようであれば、専門機関で原因究明・症状緩和を試みるといいかもしれません。

「眼瞼痙攣」になるとまばたきが増え、無意識に瞼が動いてしまう、といった症状が出ます。「ドライアイ」とは違い、症状が進行していくと目が開けられなくなることもあります。瞼が痙攣している、と感じた場合は眼科医で診てもらいましょう。

また5~10歳程度の子供に見られる「子供のチック症」でもまばたきが増加します。まばたき以外にも突発的・無目的に体が動いたり、声を発したりします。治療にはまず、病気を理解することがとても大事です。薬を服用することもありますが、15歳くらいを期に症状は緩和していく傾向にあります。

考えられる病名

視野が狭い

「視野が狭い」と感じられる時は「緑内障」「網膜色素変性症」「網膜剥離」が疑われます。いずれの病気も眼科医の適切な診断による治療が必要です。

「緑内障」による視野欠損を自覚症状として感じた時には、既に病状がかなり進行している可能性が高いです。点眼薬の使用やレーザー照射による治療を施し、症状の進行を食い止めていきます。緑内障は中高年で発病しやすい病気です。定期的に検査を受けると予防・早期発見に繋がります。
遺伝子の異常で起こる「網膜色素変性症」にかかると、「視野が狭くなる」以外に「夜盲症」「視力低下」などの症状が出ます。現在、網膜を元の状態に戻す根本的な方法はなく、専用の遮光メガネをつける、内服薬を服用するなどの対症療法が主です。

眼球の外傷あるいは加齢による硝子体牽引で、網膜に孔があいて起こる「網膜剥離」でも視野が狭くなります。視野狭窄や視力低下の前兆として蚊が飛ぶように感じる「飛蚊症」が起こることが多いです。眼球の外傷、飛蚊症を自覚した場合は、自分で判断せずに眼科で診察をしてもらいましょう。

考えられる病名

眼前にちらちらするものがある

目の前にちらちらするものが見える場合は「飛蚊症」が疑われます。眼球内のドロッとして透明な液体を「硝子体」といい、その硝子体に濁りが生じると影が発生し、糸くずや虫などの浮遊物として見えるようになります。これを飛蚊症といいます。飛蚊症の原因は、加齢で起こるものと重大な病気の一症状として起こるものがあります。

加齢が原因となる飛蚊症は「硝子体剥離」です。これは眼の奥の硝子体が老化や近視が原因で収縮し、網膜から離れてしまう現象です。発症した際は気になりますが、病的なものではないため治療の対象にはなりません。

病気が原因の飛蚊症には「網膜裂孔」と「裂孔原性網膜剥離」が挙げられます。「網膜裂孔」は網膜にあなが開く病気で、「裂孔原性網膜剥離」は網膜のあなが原因で網膜が剥がれる病気です。これらの病気でも、早期の場合はレーザーで治すことが可能なので早めに眼科を受診しましょう。
また「硝子体出血」という病気でも、飛蚊症を発症します。硝子体出血の原因疾患によって治療方法は異なります。「糖尿網膜症」などの網膜疾患が原因となっている場合は、そちらの治療も並行して行っていきます。

考えられる病名

暗い場所がとても苦手

「暗い場所がとても苦手」と感じるのは「夜盲症」の可能性があります。また夜盲症は「網膜色素変性症」の初期症状としても知られています。眼科を受診して適切な検査を受ける必要があります。

暗いところでものが見えにくい「夜盲症」は網膜の順応機能が働いていない状態です。これには進行性のものと、進行しない停止性のものがあります。先天性停止性の夜盲症は遺伝的なものですが非常にまれな疾患です。徐々に視野が狭くなる進行性の夜盲症は「網膜色素変性症」の可能性が高いです。これも遺伝的なものですが、5,000人に1人くらいの確率でおこります。栄養不足による夜盲症は、現在はまずありえません。

「網膜色素変性症」の症状が進行すると、長い時間をかけて視野が狭くなり、視力も低下していきます。人によっては失明の可能性もあります。網膜色素変性症の根本的な治療方法は確立されていないのが現状です。病状の進行を遅らせることが治療の目的となるため、症状に合わせて暗順応改善薬・網膜循環改善薬・ビタミンA前駆体・ビタミンEなどの処方が行われます。

網膜色素変性症の注意点は比較的若いうちに白内障を合併することが多いことです。早期に対処するに越したことはありません。気になったら、まずは眼科で検査をしてもらいましょう。

すごく眩しい(まぶしい)

昼時など明るい場所で「すごく眩しい」と感じているようであれば「白内障」か「角膜炎」の疑いがあります。白内障の場合、水晶体が混濁してしまったため、目から入ってきた光が散乱し、眩しさを強く感じます。また、角膜炎の場合は、角膜に炎症が起こり、目から入ってくる光の調整が出来ずに眩しく感じるようになります。

白内障を発症すると、すごく眩しく感じる以外に「目のかすみ」「視力低下」などの症状が出てきます。原因の多くを占めているのが、加齢による水晶体の混濁です。初期の頃は症状の進行を抑えるために目薬を使いますが、それでも病状が変わらず進行するようであれば、手術という選択肢が出てきます。手術も短時間で日帰りが可能なため、体への負担も最小限で留めることができます。白内障は、年齢を重ねれば誰でも発症する可能性がある病気です。だからこそ、早期発見のため定期的に健診を受けることをお勧めします。

角膜炎になると「視力の低下」「目の痛み」「異物感」などの症状が出てきます。その原因は「細菌感染」「ウイルス感染」「外傷」「ドライアイ」など様々なものが考えられます。専門機関で原因に合わせた治療を受けましょう。

考えられる病名

診察内容

屈折異常(近視、遠視、乱視) 弱視
老視 コンタクトレンズ処方
ドライアイ 角膜ヘルペス
眼精疲労 眼瞼けいれん
ものもらい 急性結膜炎
アレルギー性結膜炎 花粉症
白内障 緑内障
飛蚊症 網膜剥離
糖尿病の眼合併症 加齢黄斑変性
黄斑浮腫