ひらと眼科

土日・祝診療

電話番号

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00(木曜休診)
※受付終了時間は、診療時間30分前まで(コンタクト処方の方は1時間前まで)

診察内容

角膜ヘルペス

角膜ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが角膜に感染しておこる目の感染症です。目の異物感や充血、角膜の濁りといった症状があらわれます。

ほとんどの人は幼い頃に単純ヘルペスウイルスに感染し、ウイルスは頭蓋内の三叉神経節に潜伏しています。普通に生活していれば、ほぼ症状は出てきませんが、疲労や発熱で体力を消耗した際に発症することがあります。
また、ごく少数ですが何度も再発を繰り返す人もいます。悪くなれば角膜に混濁が残ることもあるので、症状を自覚した際は早めに眼科で治療を受けましょう。
角膜ヘルペスには、上皮型と実質型にわけることができます。

● 上皮型
角膜の外側にある上皮層に感染しておこる角膜ヘルペスです。感染した細胞が炎症を起こし、抜け落ちることもあります。上皮型の場合は、抗ウイルス薬の眼軟膏を使用し、ウイルスの増殖をおさえながら治療します。

● 実質型
実質層に感染し、異物感などの症状に加え視力が低下することもあります。回復には時間がかかりますし、症状が悪化すると感染箇所にはん痕が残り、視力が元に戻らないこともあるので注意が必要です。治療には、抗ウイルス薬と炎症を抑えるステロイド剤を使用します。

角膜ヘルペスは、前述したとおり発症の可能性は多くないですが、悪化すると視力に影響を与える可能性があります。もし万が一発症した際は、早めの治療を心がけましょう。また、ストレス解消や体調管理に気をつけ再発防止に努めるようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください診療時間 / 10:00〜12:30 /15:00〜19:00 (木曜休診)

電話番号044-982-9007
アクセス
お問い合わせ

診療内容一覧へ戻る