ひらと眼科

土日・祝診療

電話番号

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00(木曜休診)
※受付終了時間は、診療時間30分前まで(コンタクト処方の方は1時間前まで)

診察内容

花粉症

花粉が鼻や目の粘膜に付着した際に、アレルギー反応を起こす病気が花粉症です。日本では、4人に1人が花粉症だと言われており、クシャミや鼻水、目のかゆみが主な症状です。花粉症を引き起こすとされる植物は、スギやヒノキ、ブタクサ、カナムグラなどをはじめ、その数はおよそ60種類にもおよびます。
現代社会で生きていく以上、いつ誰が花粉症を発症してもおかしくありません。今現在、花粉症に対する治療方法は、以下三つの治療法があります。

● 投薬治療
経口薬などを使用して一時的に症状を緩和させる治療法です。対症療法になるので、花粉症を根本から治す治療法ではありません。
また、通常使用される薬で治まらない時は、ステロイド剤を使用することもあります。

● レーザー治療
鼻の粘膜にレーザー光線を照射します。アレルギー反応を起こす粘膜を焼いて反応しないようにしますが、鼻の粘膜の細胞が再生すると再び症状が現れるので、根治治療には至りません。
ですが、症状を抑える効果が高いことと保険が適用されることから有効な治療法として選択されています。

● 舌下免疫療法
舌の裏側に少しずつアレルゲンのエキスを投与し、アレルゲンに慣れさせる治療です。体質を変えて症状をなくす治療法なので、唯一の根治治療法と言えます。
舌下免疫療法は、画期的なのですが、治療期間が2年以上必要で、なおかつ毎日続けて投与しなければなりません。また、投与の仕方を誤ると症状が悪化する恐れがあるため、眼科で正しい治療法を教えてもらう必要があります。

花粉症の患者が増加している理由は、地面がアスファルトに覆われ、花粉が土の中の微生物によって分解されず残るようになったことや食生活が変化したこと、生活様式が変化したことによって免疫力が低下したことなどが挙げられます。いずれにせよ、花粉症は誰にでもおこりえる病気です。
くしゃみや鼻水が止まらないなど症状が出始めた際は、一度アレルギー検診を受け、花粉症かどうかを専門医に診てもらうようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください診療時間 / 10:00〜12:30 /15:00〜19:00 (木曜休診)

電話番号044-982-9007
アクセス
お問い合わせ

診療内容一覧へ戻る