ひらと眼科

土日・祝診療

電話番号

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00(木曜休診)
※受付終了時間は、診療時間30分前まで(コンタクト処方の方は1時間前まで)

花粉症治療

ひらと眼科の花粉症治療

ひらと眼科では、患者さまひとりひとりに最適な花粉症の治療を行っております。 患者さまの生活習慣を熟慮した上で、治療法を提案するので、花粉症治療への高い効果が望めます。 気になる花粉症の症状が出ていたら、小さなことでも構わないのでお気軽にご相談下さい。

花粉症とは

花粉症とは、植物の花粉が目や鼻の粘膜に付着することで引き起こされるアレルギー症状です。 代表的な症状に鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみなどが挙げられます。 スギ・マツ・ブナ・イネ・ヒノキ・ヨモギ・ブタクサ・カバノキなどの花粉が症状を引き起こします。

花粉症の主な症状

目のかゆみ

目のかゆみを治療するには医師の診断のもと、原因を突き止める必要があります。 目のかゆみが気になり、目をこすったり洗いすぎたりすることもありますが、刺激が強すぎると目の表面が傷つくことがあるので注意が必要です。 痒みの症状の大小に関わらず、気になる症状が出ている場合は、当院を受診し、適切な治療を受けることが望ましいです。

涙が出る

目の粘膜に付着した花粉を洗い流すために涙が多く出るようになりますが、これは正常な免疫反応だといえます。 ただし、分泌量が多過ぎる場合は抑えるための薬を診察のもと処方します。

まぶたが腫れる

目のかゆみによりまぶたを強くかいてしまう、アレルギー反応でまぶたが腫れてしまう、といったことが原因として挙げられます。 このような症状が出た時は眼科医の問診を受け、適切な治療を受けましょう。

目の充血

充血と目のかゆみは、花粉が結膜に付着して起こる代表的な症状です。 かゆみを我慢できず、目をこすったりすると傷がつき充血を悪化させる場合もあります。 そのため、眼科で処方しているかゆみを抑える薬で、かゆみと充血をともに治療します。

鼻水が出る

花粉症の時に出る鼻水の特徴は、粘り気がないサラサラとした無色のものです。 鼻水が多く出る原因は、粘膜に付着した花粉を洗い流そうとする体の働きによるものです。

主な花粉の治療薬


抗ヒスタミン薬 経口薬(飲み薬)、点鼻薬[鼻噴霧用]、点眼薬
メディエーター遊離抑制薬 経口薬(飲み薬)、点鼻薬[鼻噴霧用]、点眼薬
抗ロイコトリエン薬 経口薬(飲み薬)
血管収縮薬 点鼻薬[鼻噴霧用]
ステロイド薬 経口薬(飲み薬)、点鼻薬[鼻噴霧用]、点眼薬

※症状を細かく説明し、ご自身に最も効果の高い治療薬を医師に選択してもらいましょう。

Q&A


眼科で、花粉症による鼻水の症状も治療をしてもらうことはできますか?
可能です。花粉による症状は眼だけではなく、鼻水や鼻づまりとしても表れます。 鼻水や鼻づまりに関する問診もしっかりと行い、患者さんの症状に合わせた最適な治療薬を処方いたします。
子供が花粉症にかかるということはあるのでしょうか?
あります。花粉症は年齢に関係なく発症するため、花粉症にかかる2歳や3歳のお子さんもいらっしゃいます。 花粉症と思われる症状がお子さんに出ている場合は、早めに眼科を受診して下さい。
家の周りにスギの木がないのにスギ花粉症と診断されることはありますか?
あります。スギ花粉は風に乗り、発生源から離れたところにまで飛んでくるからです。 どの花粉が花粉症を引き起こしているのかを特定したら、その花粉に対して最適な対策を取り、症状の緩和を図りましょう。 また、眼科を受診して医師に相談することも重要です。
家の中にいても花粉症の症状が改善されないのはなぜですか?
自分で気がつかないうちに花粉を家に持ち込んでしまっているからです。 具体的な花粉症対策として以下のようなことが挙げられます。
・帰宅後にうがいと手洗いを徹底して行う ・外出から戻ったら、衣服についた花粉を必ず落とすようにする ・出来るだけ掃除機をかけて室内に花粉が残らないようにする
このような対策を行い、家の中に持ち込む花粉を最小限に留めましょう。 微量な花粉でも症状を引き起こすことがあるので、万全の対策が重要です。徹底した花粉症対策を意識し、実行していきましょう。
花粉症は他の国でも発症するものですか?
スギ花粉による花粉症のみ日本特有のものです。 ただし、花粉症を引き起こす植物は世界中に存在しています。 イネ科植物はヨーロッパで花粉症を引き起こし、ブタクサはアメリカで花粉症の原因となっています。

お気軽にお問い合わせください診療時間 / 10:00〜12:30 /15:00〜19:00 (木曜休診)

電話番号044-982-9007
アクセス
お問い合わせ

診療内容一覧へ戻る